不二屋ショコラブティック
爽やかオレンジ ショコラ

PA0_0006不二屋ショコラブティックの新製品。さくさくの焼菓子(ロイヤルティーヌというらしい)のチップとオレンジピールとジャンドゥーヤクリームをミルクチョコレートでまとめた、一口サイズのチョコ。
サクサクした口当たりで、一口噛むとオレンジのフレーバーが口の中に広がる。
一粒で結構満足できるけど、ロイヤルティーヌの存在感が残るので、チョコレートというよりは、チョコ系お菓子と言う感じでしょうか。

ラドンナとは別のテイストで、これはこれで良いかも。

オレンジ系チョコブームがやってきたのでしょうか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バレンタイン・ケーキ

ビスキュイ・ショコラとガナッシュで作ったチョコレートケーキ。
PA0_0001
ホイップした生クリームとまぜてムース風にしたガナッシュをビスキュイ・ショコラと交互に重ね、板チョコを使ったグラッサージュで仕上げてみました。
ビスキュイ・ショコラは口当たりが軽くていいのだけど、ちょっと表面を焼き過ぎちゃったので、洋酒をしっかりしみこませた方がよかったかもね。

************************
【ビスキュイ・ショコラ】(コンパクトオーブンの天板1枚分)
《材料》卵:3個、砂糖:60g、薄力粉:22.5g、純ココア:7.5g
*小麦粉とココアは合せ、ふるうor泡立て器とへらで丹念にまぜ、ダマをなくしておく。
*オーブンは180度に暖めておく。
*天板より縦横4cm程度大きく切ったクッキングぺーぺーを2枚重ねにし、四隅に切れ込みをいれて天板に箱型をつくるように敷きこんでおく。
1:卵は白身と黄身に分け、それぞれに砂糖を30gづつ入れて泡立てる。
(メレンゲはしっかり角が立つ位、黄身はマヨネーズをさらにふんわりさせた位)
*先にメレンゲを泡立てれば、ミキサーを洗わないで黄身に使っても大丈夫。逆はNG
2:泡立てた黄身のボールに、メレンゲの半量を入れ、ゴムへらで優しく丁寧にまぜる。
3:2に準備しておいた粉を入れてよくまぜる。
4:3に残りのメレンゲをいれてさらにまぜる。
5.きれいにまざったら、準備しておいた天板に流し込み、カードなどで表面を平らにならし、オーブン中段に入れ、20分程度焼く。
6:生地が焼けたら天板から外して紙を一枚取り除き、外した紙を台の上にひく。その上に生地を天板ごとうつぶせにして(天板が上になるように)置き、そのまま蒸らしながらさます。

【ガナッシュ】
生クリーム:市販のミニパック(200mlだっけ?)から大さじ2杯分残し全部。
板チョコ:97.5g(1枚65gのもの1枚半)

1:生クリームを固めに泡立てておく。
2:チョコを大きめのステンレスのボールに入れ湯せんで溶かす。
3:チョコにホイップを半分ほどいれてまぜこみ、混ざったら湯からおろし、あら熱をとる。
4:熱がとれたらホイップとよく混ぜ合わせる。

***デコレーション****
1:生地を2当分し、表面にリキュールをしみ込ませる。
2:生地+ガナッシュ+生地+ガナッシュの順に重ね冷蔵庫で1〜2時間休ませる。

その間に【なんちゃってグラッサージュ】を作る。
 水:40g、砂糖:50g、純ココア:30g、板チョコ:0.5枚(32.5g)
 a:水と砂糖を鍋に入れ沸騰させて良く溶かす。
 b:aにココアを入れて良く溶かす。
 c:bに板チョコを入れてよく溶かす。

3:表面にグラッサージュを流しかける

ナッツなどを飾り、冷蔵庫で休ませる。


| | Comments (0)

森永LA DONNA(ラドンナ)
ビターオランジェ

PA0_0000森永から発売された個包装の円形シートチョコレート。
オレンジフレーバーのチョコレートは、キャドバリー社のオレンジーナぐらいしか知らなかったのだが、国産でもついに(?)登場。
ビターな味わいとオレンジフレーバーが見事にマッチしていて、シ・ア・ワ・セ。
パッケージは薄さと上品さをアピールしてるのだけど、もう少し厚みがある方が、しっかり味わえていいと思うんだけどなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

素敵なお歳暮

何と三段重!紙箱の中身はリキュールを含ませたクレープ。間抜けは私はお酒がならんでいるのかと思ってしまった。051212_15290001.jpg

| | Comments (0)

バナナココナッツタルト

050913_11150001.jpg【材料:22cmのタルト皿】
●生地
小麦粉 130g
ココナッツ 35g
バナナチップ(すり鉢で粉にしたもの) 35g
砂糖 60g
卵 1個
バター 110g

●フィリング
ココナッツ30g
卵 2個
生クリーム 200cc
砂糖 40g

【作り方】
●生地
1.小麦粉、粉末バナナ、ココナッツをボールにいれて、ダマのないようによく混ぜておく
2.柔らかくしたバターに砂糖を混ぜてよく練る
3.卵を溶き、1/3づつ泡立器でよく混ぜ込みながらバターに入れる。
4.3に1を入れてよくまぜる。粉っぽくなくなったらラップにまとめて冷蔵庫で1時間寝かせる。
5.寝かせた生地を5ミリくらいの厚さにのばし、粉をふっておいたタルト皿に敷き、縁をキレイにしたら再び冷蔵庫に入れて20分寝かせる。

●フィリング
卵を溶き、砂糖を入れてよく混ぜたのち、生クリームに入れ、ココナッツを加えて良くまぜる。

●焼き(温度はこのとおりだと焦げます(^^;;)
200度のオーブンでまずタルト生地のみを10分焼いてとりだす。
230度に余熱しているあいだにちょいやけの生地にフィリングを注ぐ。
230度で30分焼こうとしたら15分で焦げ始めた!!!
しょうがないのでいったんとめて、200度にしてトップにホイルをかぶせて15分焼く。

で、いちおう写真の感じになるのだが、生地も若干焦げ気味。

【反省】
200度で30分にすればよかったのかな。
苦労して粉にした割にはバナナの風味がでてこなかった。
改善案(^^;;
1:フィリングにソテーしたバナナを入れる
2:バナナ粉の量を増やす

ウ〜ん。どなたか改良版作ってお教えてくれません??

味はまあまあ、人によっては甘みがたりないかな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

コンサドーレ帽子

050909_13480001.jpg組み立てて見ました 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロイズのチョコレートウェハース

050715_10440001.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

アーモンド・マドレーヌ

アーモンドプードルが安売りしてたので、つい買ってしまった。
で、作ってみました『アーモンド・マドレーヌ』
配分は適当だったんだけど、周りの皆様の声は概ね好評だった(^o^)v
【材料】10〜12個ぐらい
薄力粉・・・・・・・・・110g
アーモンドプードル・・・・30g
ベーキングパウダー・・・小さじ2
卵・・・・・・・・・・・・3個
砂糖・・・・・・・・・・140g
無塩バター・・・・・・・150g
【手順】
卵は冷蔵庫から出しておく。
薄力粉、アーモンドパウダー、ベーキングパウダーは合せてふるっておく。
焼き型にマドレーヌ用の紙を敷いておく。
1:バターを鍋に入れて溶かし、液が透き通り香ばしい匂いがするまで熱する。
(液を紙でコシて焦げカスをとりのぞいておく)
2:ボールに卵を入れハンドミキサーで泡立て、砂糖を加えてさらにしっかりキメ細かく泡立てる。
(泡立てた卵を表面に垂らした時に積もるくらい)
3:2に粉類をふるい入れ、粉っぽくなくなるまでゴムへらでまぜる。
4:3の表面に1のバターを流しよく混ぜ込む。表面がツヤツヤしてくるまで混ぜる。
5:4のボールにラップをし、室温で30分休ませる。
*この間にオーブンを180℃に熱しておく
6:できた生地をスプーンですくい、型の8分目ぐらいまで入れる。
7:20〜25分焼いたらできあがり!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ココナッツスコーン

050430_17170001.jpg【材料】薄力粉・・・170g
ファインココナッツ・・30g
ベーキングパウダー・・小さじ2杯
無塩バター・・・50g
砂糖・・・・・・60g
卵・・・・・・・1個
牛乳・・・・大さじ3杯
【手順】オーブンは220度に暖めておく。
●粉類をふるって合わせてた所にバターを入れ、カードで切りまぜる。
●全体がパン粉状になったら砂糖を投入し、さらに切りまぜまぜる。
●ぽろぽろした感じになったら、溶いた卵をいれてカードで切り混ぜながらまとめる(卵を溶いた器に残ったものは、あとで表面に塗るのに使用するのでとっておく)。
●さらに牛乳をいれてさらに全体をまとめる。
●ボールにへばりつかなくなったらOK。まるめてラップにくるみ冷蔵庫にいれる(ここまで使った道具をかたづけるぐらいの時間)
●めん棒で1cm〜2cm(写真は1cm仕様)の厚さにのばし型抜きする。
●天板にクッキングペーパーを敷き、型抜きしたものを並べ、その上面に取っておいた卵を刷毛でぬる。
●220度で15分程度焼く。

こんがりした底の部分にはココナッツのさくさく感(^^)。
中はしっとり気味で、ふつうのイングリッシュスコーンのぽろぽろ感とは違う味わい。
ジャムやクリームをつけないで食べるように作ったので、砂糖はすこし多め。
(プレーンのイングリッシュスコーンの場合は、薄力粉200g、砂糖25g)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おフランスのお菓子

050421_15520001.jpg

忘れた頃にやってきたクリスマスプレゼントのお返し(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)