« 国立新美術館 中身のお粗末なガラス御殿 | Main | MOA美術館へ(〜via 天国へのエスカレーター?) »

MOA美術館へ(〜via 白い電車)

 2月17日、熱海のMOA美術館に行ってきました。お目当てはこの時期だけ公開される、尾形光琳の《紅白梅図屏風》。
 熱海といえば有名な温泉地。温泉で優雅に一泊したいところですが、そこをぐっとこらえて今回はケチケチモードです。
 ちなみに地元から熱海に行くにはいくつかルートがあります。
 速い順にならべるとこんな感じ。
 《最速》東京→(新幹線ひかり)→熱海 3750円(37分)
 《速》 東京→(新幹線こだま)→熱海 3750円(50分)
 《やや速セレブ》 東京→(踊り子)→熱海 4070円(1時間16分)
 《ケチケチ》東京→(東海道線・快速)→熱海 1890円(1時間33分)
 《プチセレブ》 新宿→(スーパーはこね1720円)→小田原→(東海道線・普通400円)→熱海 2120円(1時間39分)
 《最ケチケチ》新宿→(小田急・急行850円)→小田原→(東海道線・普通400円)→熱海 1250円(2時間15分)

 地元からは新宿の方が若干近めなことも考えあわせ、《最ケチケチ》ルートを選択。片道3時間ほどかけて、いざ熱海へ。
 
 東海道ルートだと市街地から海沿いを行くので感覚的に移動経路をつかみやすいのですが、小田急だと、一度山を抜けるのでちょっと感じが違います。車内には丹沢山系にハイキングにいく人の姿も多く、居眠りからふと目覚めるたびに山が近くになってきます。海辺の町に行こうとしてるのに、電車はどんどん山に入っていく。熱海からどんどん遠くなっているような気がしてなりません。
 新宿を出て1時間42分。ムダな心配をよそに、電車はきっちり小田原に到着。
 小田原駅では、小田急とJRがコンコースでつながっている上、suicaも使えるので乗り換えは簡単。ここまでくれば、熱海までは東海道線で23分。ゴールは近い!
 
 熱海につくと、改札前は意外にも大混雑。もっと寂れてるかと思ったのですが、意外にもがんばっているようです。
 観光案内所で、前売り入場券を購入し、めざすMOA美術館行きのバスのりばへ。
 熱海駅からMOA美術館まではバスで10分ぐらい。所要時間だけだと「歩けるかも」と思ってしまいそうですが、MOA美術館は山の頂にあり、しかもそこに至る道は、ヘアピンカープ連続した狭い道。そこをバスが通るので、歩いていくのは結構危険そうです。多い時間帯には10〜15分に1本ぐらいでバスがでるので、素直にバスを使った方が無難でしょう。
 ヘヤピンカーブの続く急坂をこともなげにバスを駆る運転手さんの技術に感心している間に、バスはMOA美術館に到着。
 しかし、バスが着いたのは美術館の一番下の入り口。お目当ての屏風に会うためには、さらなる旅路(大げさ)が待っておりました。       つづく

|

« 国立新美術館 中身のお粗末なガラス御殿 | Main | MOA美術館へ(〜via 天国へのエスカレーター?) »

「おでかけ」カテゴリの記事

「アート」カテゴリの記事

「展覧会」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16830/14129416

Listed below are links to weblogs that reference MOA美術館へ(〜via 白い電車):

« 国立新美術館 中身のお粗末なガラス御殿 | Main | MOA美術館へ(〜via 天国へのエスカレーター?) »