« UKIYO-e TOKYOに行ってきた | Main | 12月2日ガンバ戦 »

ウェル.com美術館プロジェクト06秋

国立西洋美術館で11/3〜11/19に行われた、ウェル.com美術館プロジェクトのモニターに参加してきました。
音声+映像をつかったガイドを、ワンセグ携帯とニンテンドーDSを使って提供するという試みです。

 ワンセグの方は、館長のあいさつとか、館内のガイドとかを映像付きで放送。情報メニューからは周辺展覧会の紹介を画像と文字で見ることができる構成になっていました。でも、映像はじーっとしていないと受信できません。
ふたをとじれは音声のみの放送になるのだけど、イヤホンガイドとちがって操作性が悪い。使うキーが限られていても、あれば押しちゃうし、しかも、不要キーが無効になってなかったから、関係ないところを押してパニックになってしまいました。その上、「ここは、静かに見たい」とか「聞き直したい」と思っても融通がききません。所詮、《放送》なので、一方通行なんですね。
 館内の建築ガイドとかは、携帯の小さな画面で見せるより、映像コーナーでもつくってハイビジョン+大画面でエンドレスで流す方が気がきいてるとおもうのですが。
 私としては、ワンセグ放送やるぐらいなら、まともなイヤホンガイドを制作して欲しいです。

 で、おつぎはDSです。

 これも、イマイチでした。端末としてDSはいいかもしれませんが、コンテンツが《放送番組》なのがNGです。絵を見に来てるのに、絵の前でDSで受信(?)した放送を見せる、ということが疑問。たとえば、単眼鏡がわりに見たいところのクローズアップを見ることができる、とかいうのなら、意味があると思いますが、TV番組みたいなものを流されても、絵に集中できません。DSの画面ばっかり見て、肝心の絵の方の印象が薄くなってしまいました。
DSのコンテンツは作品の背景とかを語る映像番組だったので、小さな画面で配信するよりも、先に書いたように、大きな画面で見せる場をつくるか、商品として販売してもらった方がありがたい気がします。

ワンセグ携帯はさておき、
DSの方はインタラクティビティの高いコンテンツを作ることができるはずなので、もうすこし、見る側の立場で制作してほしいものです。

何と言うか、映像制作会社の営業戦略にのせられたのでは??という気がしてなりません。

マルチメディアガイド=映像放送ではないと思うんですがねえ。

|

« UKIYO-e TOKYOに行ってきた | Main | 12月2日ガンバ戦 »

「アート」カテゴリの記事

「展覧会」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16830/12774926

Listed below are links to weblogs that reference ウェル.com美術館プロジェクト06秋:

« UKIYO-e TOKYOに行ってきた | Main | 12月2日ガンバ戦 »