« 若沖展リターンズ | Main | 丸の内カウアート »

グエムル 漢江の怪物

 なんというか、普通の映画。単純に面白かったとか、つまらなかったとかいう言葉でくくれない微妙な違和感が残った映画でもある。

 日常的な暮らしに、突然、不条理な災難が降り掛かる。
 妻には逃げられ売店の店番すらまともにできないダメダメな長男、大学時代に民主化運動の戦士だったが時代にのれなかった次男、才能はありながらここ一番に弱いため頂点に立てないアスリートの長女。長男と彼に似ずしっかり者の娘は、漢江河畔のちいさな売店を切り盛りする祖父とともに生活している。
 この、家族を襲う災難が〈グエムル〉なのだが、これが〈通り魔〉とか、〈テロリスト〉でも変わらないのではないかと思えてくる。日本の怪獣映画には、おとぎ話的な一種の非現実感がつきまとうのだが、ここにはそれがない。あくまでも限りなく現実に近いところで描こうとしている。登場人物は、人それぞれに見合った分の力しか発揮できないし、怪獣映画にありがちなご都合主義もない。それでもなんとかしようとあがく。それゆえに、この映画は、一種の問題提起的な読みを誘うのかもしれない。(民主化を担った人たちが報われていない、とか、米軍のいいなりにならざる得ない状況、とか)
 
 そうしたこととは別に、一見同じようだがずいぶん違う、というシーンがあって興味深かった。そのひとつが、怪物に襲われた犠牲者の合同葬儀の場面である。ものすごく騒々しい。日本であればこのシーンは水を打ったように静かに描かれる場面なのだが、終始ザワついているし、声高な愁嘆場の集合になっている。監督の意向なのか実際そういう国民性なのかはわからない。見た目が似てるだけに違和感が大きい。他にも、日本だったら、まず、お上の言うこと聞いちゃいそうな所で、黙っていない。そのテンションの高さが、ちょっぴりうらやましい。

 

|

« 若沖展リターンズ | Main | 丸の内カウアート »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16830/11805991

Listed below are links to weblogs that reference グエムル 漢江の怪物:

« 若沖展リターンズ | Main | 丸の内カウアート »