« January 2006 | Main | March 2006 »

日本の美 三千年の輝き
ニューヨーク・バーク・コレクション展

PA0_0007東京都美術館(3/5)まで

 普通の展覧会なら、それ1点で目玉になりそうな作品が目白押し。縄文時代から江戸時代までの日本の美術が大集合といった様子なのだけど、全然散漫な感じがしない。“バークさんの好み”というフィルターによって選別されたことで、一本筋が通った「日本の美の世界」になっていた。
 ひとつひとつの作品の素晴らしさもさることながら、展示全体から「私は日本の“こういうところ”が美しいと思う」といったバークさんの趣味が感じられて面白かった。
 どうやら、バークさんは日本の美術の中にある《優美さ》のようなものに魅力を感じているらしい。コレクターの好みが見えてくる所が個人コレクションの良さなのかもしれない。
 
 展示はB1Fから2Fまでの3フロア。一応、縄文時代から始まる構成にはなってるけど、厳密に時代順というわけではなく、作品のジャンルも考えて構成されている。特に屏風は水墨から琳派までサイズもジャンルも多様で充実していて、屏風 mylove な私としては嬉しいかぎり 。
 
《B1F》
●最初のエリア (縄文土器、彫刻)
 白眉は快慶作「地蔵菩薩立像」。快慶(伝)作「不動明王」もいいけど、やっぱり「地蔵菩薩立像」がお勧め。小さな像だけど立ち姿の優雅さ、衣の襞の曲面の繊細さはため息がでるほど。横姿や後ろ姿も風情があって素敵。
 ここで展示してある仏像(&神像)はもともとは、着色してあったものだという。てことは、作られた当初はとってもフィギュアっぽかったてことね。頭の中で村上隆の美少女フィギュアとお地蔵様が並ぶ(^^;;
 そうそう、最初の方にある平安初期の神像は、一見素朴に見えるのだけど、口元のあたりは繊細に彫刻されていて、微妙な表情が表現されていたのには感心してしまいました。でも、顔をそこまで刻めるのなら、他の部分もちゃんと彫ってよと心の中で小さなツッコミをいれる私でありました。

●第2エリア
 ここでの一番のヒットは「源氏物語絵巻」。天地15センチ位の巻き物に絵と文章を墨だけで書いたもの。何かに似ている・・そう、漫画の単行本!!。製作は宮中の女官だそうで、ますます少女漫画の気配が。「ベルばら」ならぬ「源氏物語」に読みふける女官の姿と、修羅場の漫画家状態の女官たちの姿が交錯する。おそるべし漫画の国日本。
 
●第3エリア〜《1F》
 ここから、屏風大会が始まります。やっぱり屏風は現物を見るのが一番。ひとつひとつの絵柄をしっかり見るのもいいけど、斜めから見たりするのもお勧めです。思いきってはなれたところから、茫洋として眺めると立体的にみえてくるのも立体展示ならではの楽しみ。
 どの屏風も良かったけど、英一蝶の「雨宿り風俗図屏風」が素敵でした。

 おっと、B1Fから1Fに上がったところのスペースは焼き物にあてられていました。
 そんなに点数はなかったけど、小代焼の「白濁釉角徳利」があったことにちょっと感動。焼き物の中では、私は小代焼が結構好き。やわらかな釉の調子に深みというか微妙な変化あって見飽きないのよね。
ちなみに、この「白濁釉角徳利」の前所有者は白州正子さんらしい。

 1Fには屏風の他に、肉筆浮世絵の掛け軸が。美人画のルーツとしてよく本などで見かける懐月堂安度の美人図があったのにはびっくり。
 
《2F》
いよいよポスターにも使用された曾我蕭白の「石橋図」!獅子のモブシーンというアイデアとその威勢のいい筆に惚れ惚れとしてしまいます。頭の中に流れるBGMはやっぱり「ジャングル大帝」。そうそう、その隣には長沢蘆雪の軸があった。よく「マネとモネ」がごっちゃになると言う人がいるけど、私の場合は「長沢蘆雪と曾我蕭白」(^^;;なぜなんだ?長沢蘆雪は2点でてたのだけど、中でも「月夜瀑布図」は斬新でカッコ良かった。

そして最後は
伊藤若冲の「月下白梅図」と「双鶴図」。「月下白梅図」はかなり大きいので、その前に立つと圧倒されます。こうしたスケール感は画集では味わえないよね。

と、いうことで多分1時間半位でしょうか。充実した展覧会でした。

とっても、シ・ア・ワ・セ(*^^*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不二屋ショコラブティック
爽やかオレンジ ショコラ

PA0_0006不二屋ショコラブティックの新製品。さくさくの焼菓子(ロイヤルティーヌというらしい)のチップとオレンジピールとジャンドゥーヤクリームをミルクチョコレートでまとめた、一口サイズのチョコ。
サクサクした口当たりで、一口噛むとオレンジのフレーバーが口の中に広がる。
一粒で結構満足できるけど、ロイヤルティーヌの存在感が残るので、チョコレートというよりは、チョコ系お菓子と言う感じでしょうか。

ラドンナとは別のテイストで、これはこれで良いかも。

オレンジ系チョコブームがやってきたのでしょうか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自分で製本

PA0_0005
うらわ美術館で開催された《本のワークショップ/交差式ルリュール》に行ってきました。
手持ちのハガキを使い、「交差式ルリュール」という技法を使って本に仕立てるワークショップ。
 ハガキ2枚を和紙のリボンにのり付けして見開き状態にし、4枚一組のセットにしたものを糸でかがって表紙の素材に綴っていくといったもの。表紙と裏表紙は別々の紙で、背の所で交差させてひとつのカバーにしたてます。
 3時間のワークショップで20枚のハガキが見事に1冊の本になりました。
 そんなに難かしくないし、紙と針と糸とボンドがあればできちゃうので、年賀状とかをまとめるのにいいかもね。
 写真は、ワークショップの成果です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バレンタイン・ケーキ

ビスキュイ・ショコラとガナッシュで作ったチョコレートケーキ。
PA0_0001
ホイップした生クリームとまぜてムース風にしたガナッシュをビスキュイ・ショコラと交互に重ね、板チョコを使ったグラッサージュで仕上げてみました。
ビスキュイ・ショコラは口当たりが軽くていいのだけど、ちょっと表面を焼き過ぎちゃったので、洋酒をしっかりしみこませた方がよかったかもね。

************************
【ビスキュイ・ショコラ】(コンパクトオーブンの天板1枚分)
《材料》卵:3個、砂糖:60g、薄力粉:22.5g、純ココア:7.5g
*小麦粉とココアは合せ、ふるうor泡立て器とへらで丹念にまぜ、ダマをなくしておく。
*オーブンは180度に暖めておく。
*天板より縦横4cm程度大きく切ったクッキングぺーぺーを2枚重ねにし、四隅に切れ込みをいれて天板に箱型をつくるように敷きこんでおく。
1:卵は白身と黄身に分け、それぞれに砂糖を30gづつ入れて泡立てる。
(メレンゲはしっかり角が立つ位、黄身はマヨネーズをさらにふんわりさせた位)
*先にメレンゲを泡立てれば、ミキサーを洗わないで黄身に使っても大丈夫。逆はNG
2:泡立てた黄身のボールに、メレンゲの半量を入れ、ゴムへらで優しく丁寧にまぜる。
3:2に準備しておいた粉を入れてよくまぜる。
4:3に残りのメレンゲをいれてさらにまぜる。
5.きれいにまざったら、準備しておいた天板に流し込み、カードなどで表面を平らにならし、オーブン中段に入れ、20分程度焼く。
6:生地が焼けたら天板から外して紙を一枚取り除き、外した紙を台の上にひく。その上に生地を天板ごとうつぶせにして(天板が上になるように)置き、そのまま蒸らしながらさます。

【ガナッシュ】
生クリーム:市販のミニパック(200mlだっけ?)から大さじ2杯分残し全部。
板チョコ:97.5g(1枚65gのもの1枚半)

1:生クリームを固めに泡立てておく。
2:チョコを大きめのステンレスのボールに入れ湯せんで溶かす。
3:チョコにホイップを半分ほどいれてまぜこみ、混ざったら湯からおろし、あら熱をとる。
4:熱がとれたらホイップとよく混ぜ合わせる。

***デコレーション****
1:生地を2当分し、表面にリキュールをしみ込ませる。
2:生地+ガナッシュ+生地+ガナッシュの順に重ね冷蔵庫で1〜2時間休ませる。

その間に【なんちゃってグラッサージュ】を作る。
 水:40g、砂糖:50g、純ココア:30g、板チョコ:0.5枚(32.5g)
 a:水と砂糖を鍋に入れ沸騰させて良く溶かす。
 b:aにココアを入れて良く溶かす。
 c:bに板チョコを入れてよく溶かす。

3:表面にグラッサージュを流しかける

ナッツなどを飾り、冷蔵庫で休ませる。


| | Comments (0)

表参道ヒルズ

060211_14090001.jpg天気がいいのでフラフラと話題の表参道ヒルズへ。表参道が初詣もかくやといった具合に込み合っていて、本館は入場待機列までできていた。凄すぎ(^^;。別館?のIDEAショップはすんなり入れたので、中を物色。輸入雑貨の価格帯が以外に手ごろ(数千円)で、プレゼント選びとかに重宝しそうでした。
「雪眼鏡」とか「バナナの皮型ドアストッパー」とかがワタクシ的にはツボでした。
今日は買わなかったけど、そのうち平日にでもでなおそうっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

森永LA DONNA(ラドンナ)
ビターオランジェ

PA0_0000森永から発売された個包装の円形シートチョコレート。
オレンジフレーバーのチョコレートは、キャドバリー社のオレンジーナぐらいしか知らなかったのだが、国産でもついに(?)登場。
ビターな味わいとオレンジフレーバーが見事にマッチしていて、シ・ア・ワ・セ。
パッケージは薄さと上品さをアピールしてるのだけど、もう少し厚みがある方が、しっかり味わえていいと思うんだけどなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006浦和レッズ試合日程

今年の日程がでた。小野ちゃん効果で混みそうだ(^^;;
混んでるスタジアムはキライなのに・・・・。

<
第1節A3/416:00G大阪万博NHK総合
第2節H3/1114:00磐田埼玉スタTBS(単)/TV埼玉(録)
第3節A3/1814:00広島広島NHK広島/CS
第4節H3/21火・祝15:00C大阪埼玉スタNHKBS/TV埼玉(録)
第5節A3/2515:30横浜Fマリ日産スタTBS(単)
ナ予選H3/2919:00FC東京駒場フジ739(生)/TV埼玉(録)
第6節H4/215:00名古屋埼玉スタbsi/TV埼玉
第7節A4/915:00福岡博多の森NHKBS
ナ予選H4/1219:00福岡駒場フジ739(録)/TV埼玉
第8節H4/1515:00京都埼玉スタbsi(録)/TV埼玉(録)/CS
第9節A4/2219:00清水エコパNHKBS
ナ予選A4/2619:00福岡博多の森
第10節H4/2915:00大宮埼玉スタNHKBS/TV埼玉(録)
第11節A5/3水・祝16:00ジェフ千葉フクアリNHK総合
第12節H5/715:00鹿島埼玉スタTBS(単)
ナ予選A5/1416:00横浜Fマリ日産スタフジ739(生)
ナ予選A5/1719:00FC東京味スタMX(録)
ナ予選H5/2115:00横浜Fマリ埼玉スタTV埼玉(録)
第13節A7/1919:00新潟ビッグスワンCS
第14節A7/2219:00川崎等々力NHKBS
第15節H7/2619:00大分駒場bsi/TV埼玉
第16節A7/2918:30甲府小瀬CS
第17節 8/12FC東京
第18節 8/19鹿島
第19節 8/23新潟
第20節 8/26C大阪
第21節 8/30大分
第22節 9/2千葉
第23節 9/10大宮
第24節 ※9/16広島
第25節 ※9/23清水
第26節 9/30京都
第27節 10/15福岡
第28節 10/21川崎
第29節 10/28磐田
第30節 11/11横浜Fマリ
第31節 11/18名古屋
第32節 11/23木・祝甲府
第33節 11/26FC東京
第34節 12/2G大阪

| | Comments (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »