« フレッツ&ひかり電話導入 | Main | 南天に雪 »

『魔術師の夜』キャロル・オコンネル

務台夏子訳 創元推理文庫 2005.12.28(上・下 各800円+税)

原題は"Shell Game"。
"Winter House"(2004)までのシリーズ8作中で1番の傑作ではないかと思っている話。ペーパーバックを読了してから翻訳を読むのは、今回が初めて(^^;。
当時の感想はこちら
自分の考えていた日本語と翻訳文にギャップがあって、なんだか変な感じ。
もっとも、ちょっと目をとおしただけなんですが・・・。
未読本が山になってるので、ちゃんと読むのはいつになることやら。

|

« フレッツ&ひかり電話導入 | Main | 南天に雪 »

「本・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16830/8137662

Listed below are links to weblogs that reference 『魔術師の夜』キャロル・オコンネル:

« フレッツ&ひかり電話導入 | Main | 南天に雪 »