« October 2005 | Main | December 2005 »

六本木ヒルズのイルミネーション その2

ちょっとした偶然(^^)v

pblicart1119

| | Comments (0)

六本木ヒルズのイルミネーション その1

harryハリーポッターの宣伝カーと遭遇

| | Comments (0)

北斎展

東京国立博物館 2005.11.15
 リストの495点のうち三百数十点出てたらしい。大混雑を予測して開門待ちで挑んだのだけど、それほどの混雑ではなかった感じ。イヤホンガイドは今回は製作していないとのことで、なんんとなく足早になってしまったような・・。見終わってみたら、ほぼ1時間。我ながらこれは早すぎ(^^;;
 年代順に展示されているのだけど、いまひとつ漫然としていて、印象にのこらないのはなぜ??
 初期の作品は上手だったし、洋画の影響を反映した作品なんかもおもしろかった。
 246の「なまこ図」はイカしてました。なぜこんなものを(^^;;と思う反面、そのディティールの美しさに見入ってしまいました。356の「群鶏」は、その目つきの悪さが楽しい。鶏のガラの悪さまでは印刷ではだせなかったらしいので、現物でどうぞ。
 394以降の「元禄歌仙貝合」と「馬尽」のシリーズは作品のコンディションはあまり良くなかったけど、面白かった。空摺とかを使って紙に凹凸を出しているところは現物でみないとわからないものね。
 冨獄三十六景はもちろん良かったけど、諸国瀧廻りや千絵の海の水の表現の違いなんかも面白い。
 そうそう、百物語シリーズもよく見る絵が出てました。その中に「しうねん」っていうのがあったんだけど、なぜ「しうねん」なのかわかりませんでした。う〜ん。
 浮世絵って、けっこう絵解きというか謎掛けの仕掛けがしてるんで、できれば解説しといてほしかったんだけど、そのへんがすごい手薄。イジワルに考えると、できるだけ観客にさっさと流れてほしいみたいな感じがしないでもない。keep on movingスタイルってやつですか〜ぁ?
 こうして思い出してみるといろいろ面白いところがあったんだよね。でも、なんか、見終わった時のインパクトが薄かったのは、ちょっと残念。
 後期展示にも行くかどうかは微妙(^^;;

| | Comments (5)

ギロチンSuicaくん

051112_09370001.jpg

| | Comments (0)

Suica君、板さんになる

のぐち君です051112_09170001.jpg

| | Comments (0)

サントゥールの演奏会

 11/9 イラン大使館の付属ホールで開催された演奏会&上映会にいってきました。
 大使館ってことなんで、民族衣装の人が重々しく演奏するのかと思ったら、大違い。ロン毛を後ろで束ねたアーティスト系の陽気な壮年男性でした。
 サントゥールっていうのは、イランの民族楽器で、栗材の台に銀と銅の線をいっぱい張ってあるのを、茶杓みたいな形をした樫製のバチで叩くもの。サントゥールのCDは歯医者さんのBGMとかに使われてるくらいなんで、まあ、いわゆる「ヒーリング・ミュージック」といっていいのかもしれません。でも、弾き方によっては結構ダイナミックになったりします。
 音は、2本のバチで叩いているだけとは思えないほど重なりがあります。それが気になって必死になって手元をみてたら、どうやら茶杓型に秘密があったらしい。何本もを一度に叩いて、さらにその残響に次の音を乗せて行くといった具合。ピアノのように鍵盤がある訳でもないし琴みたいに何本も指を使えるわけでもないのに、スゴイ!!。
 サントゥールの後は、金属のフリフリのついた巨大タンバリン型の楽器の登場。ノリノリのリズムなんですが、みんなちゃんと座っているので、一緒に踊る訳にはいきません。う〜ん残念。リズムとともに私の頭の中には「でぶや」の《マッスル&イランのお友達》がうかれて踊る姿が・・・。彼等やサヘルちゃんのおかげで、私の中では《イラン人=陽気でテンションが高い》(^^;;で定着しつつあります。いいんでしょうかねえ。
 次に映画の上映会が控えているので、30分で終了。あっというまでした。もうちょっと聴いていたかったなあ。

| | Comments (0)

モニタ付き車両

中吊りの代わりにモニタが!またひとつ、印刷媒体が減ったなぁ。051107_16440001.jpg

| | Comments (0)

ナビ杯の中継

 最近見た中継の中で一番良かった。っていうのは試合内容とかじゃなくて、番組としての話。カメラワークとカットの切り替えがサイコーでした。特に、コーナーキックとかをローアングルで観客スタンド空抜けで撮ったとこ。観客でいっぱいのスタンドの向こうに真っ青な空が広がってて「選手の目」はこんな風にみえてるのかも、と思わせてくれました。
 インサートカットもテンポが良くて、綺麗なサポーターのお姉さんをいれつつ、ゴール裏の応援や、スタンドと青空を随所に差し込む。見ていて「スタジアムに行きたい!!」と思わせる見事な構成でした。リプレイの前にナビ杯マークの映像がちょろっと流れるとこなんかも「プレミアっぽくてステキ!」(毎年そうなのかもしれないけど、ここ数年生観戦だったんで(^^;)変にゲストとかでちゃらちゃらするより、こういう中継をもっとした方がいいと思うなあ。
 番組冒頭で、MCジョン・カビラというのを見て頭痛くなったけど、実際の試合には絡ませなかったのは見識かな。解説も清水さんと風間さんという組み合わせでまともだったし。実況は青嶋アナ(?)(ちなみに私の最近のお気に入りは実況クラシキさん+解説信藤さんのペアである)
 私の中でちょっぴりフジの株が上がった中継でした。

おまけ;ガンバのゴール裏はばっちり化粧したお姉さんが多かった(^^;;
    Jリーグのユニの中で、一番女性を綺麗に見せるのガンバユニのような気がする・・・。

| | Comments (1)

« October 2005 | Main | December 2005 »