« September 2005 | Main | November 2005 »

南北線ダービー

結構いっぱい来てます。051029_15280001.jpg

| | Comments (0)

埼スタにタリーズ出現

ブラッドオレンジジュース 470円なり。高っ!051029_14200001.jpg

| | Comments (0)

クィーン+ポール・ロジャース

 10/26さいたまスーパーアリーナに行ってきました。スーパーアリーナでのライブは初めてだったのだけど、あまりライブ向きのハコではない感じ。バスケ観戦とかにはよさそうだけど。
*****ネタばれ警報**********
 クィーンとフリー(っていうかバッドカンパニー)という、全盛時には決して混ざらなそうなファン層か混在してるところに、時の流れを感じてしまった。いいかげんに見積もって8:2ぐらいでクイーンファンが多く、ポールの持ち歌になると一気にのりが悪くなっておりました。不憫です。すごく頑張ってたのに。ちなみに、私がライブ全曲の中で一番気に入いったのは、彼の持ち歌の「Wishing Well」。
 クイーンの曲に関しては、ブライアンやロジャーが涙腺刺激系のMCをいれるんで、つい目をうるうるさせてしまいました。演奏では、ブライアンのギターが炸裂してて、「そういえば、クイーンはハードロックだったんだっけ」というのをしみじみ思い出すことしきり。その意味ではポール・ロジャースというのは、十分ありだったのね。
 「Now I'm here」では、いつ声がかぶるんだろうと待ってたら、そのままギターソロになってしまった。でも頭の中ではしっかりフレディー様の声が聞こえておりました(^^;;観客イタコ化作戦か?
 さらに、「ボヘミアンラプソディー」。ポールがどう歌うのかと思ったら、いきなりフレディーの映像が!!「卑怯だ〜〜!!」と心の中で叫んだものの、スクリーンに向かって思わず合掌する私(^^;;
 ポール・ロジャースは良かったと思う。でも、フレディーの持ってた一種の「毒」が彼にはないので、あまりに普通になってしまったという感じ。フレディーの妖しさがないとクイーンって普通のハードロックなのよね。そういう意味で、私としてはジョージ・マイケルに後をついで欲しかった(^^;;まあ、クイーンのファンでもない私には、そんなこという資格はありませんが。

| | Comments (6)

白山

051016_18220001.jpg

| | Comments (0)

キンモクセイが咲いた

051014_13080001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「華麗なる伊万里、雅の京焼」展 伊万里編

 様式展開が分かりやすく説明されていて、よかったです。
 乳白手の生地が染付けに使われないのは、青が黒ずむためだった、とか。金襴手の「輸出用」と「国内用」の様式の違いを、「遠くから眺める」と「手に取って眺める」という点で説明してくれるなど、イヤホンガイドの細かい説明に、築かれる「へえ」の山。
 そんな御勉強的な感心はさておき、
 私「青磁染付水車文皿」に恋してしまいました。
 口縁の青磁釉の翡翠色、泡だつ波の意匠と色の調子、染付の青、白磁の胎の透明感、僅かなゆがみすらない整った形。ああ、いくらでも賛美の言葉をつらねられそう。もともと、鍋島は好きなのですが、今回は、この作品をみれただけで十分シアワセです。
 私にとっての鍋島の魅力は、平面構成を突き詰めて意匠化へ爆走すると同時に、すみずみにまで神経のいきとどいた完璧主義の緊張感がただようところ。
 だから、「色絵組紐文皿」とか「色絵輪繋文三足大皿」なんてみるとクラクラしてしまいます。でも、今回出てた「染付雪景山水図大皿」は、別の意味で素敵でした。水墨画の繊細な風情がみごとに焼き物に表現されていているだけなく、染付という技法の個性とかみあっていて、見入ってしまいました。
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ここはどこでしょう

夕空がイマイチ綺麗に写らない051013_16540001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

この秋行こうと思ってる展覧会

10/30まで出光美術館京の雅び・都のひとびと-琳派と京焼-有楽町
12/4まで世田谷美術館イスラム美術展 宮殿とモスクの至宝 用賀
12/4まで松下電工汐留ミュージアムウィリアム・モリス展新橋
10/25〜12/4まで東京国立博物館北斎展上野
1/9まで森美術館杉本博司の光陰30年六本木

どこまで行けるかわからないけど、リストにしてみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

柳の害虫

 我が家の庭には、樹齢3年の柳がある。もともとは銀色に塗ってあった正月用の切り花のひとつだったのだが、生けてるうちに根がててきたので、試しにに植えてみたら根付いてしまったのだ。
 わずか3年の間に、幹は両手でつかめる程の太さになり、二階からも姿が楽しめる程の高さにそだったしまった。ちなみに、私は彼を柳相鐵にちなんで「ユ(柳)」さんと呼んでいる(^^;;
 さて、このユさんだが、今年はどういうわけか害虫にやられてボロボロなのである。2ミリ程度の黒い甲虫が枝という枝にくっついて、食べ放題状態。去年はオレンジ色の斑点だらけになったと思ったら、今年は害虫。柳は虫害などにも強いと聞いていたのに・・・。柳は庭木ではないらしく、いまひとつ情報もなくて、枝を切るぐらいしかできない。
 このままでは、早晩戦力外通知をしなくてはならないかもしれない。
 残念ながら、我が家のユさんには移籍先などない。がんばれユさん!!
 で、本家(^^;は今どこにいるんだっけ??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »