« 『死より蒼く』フィオナ・マウンテン | Main | イラレ10のファイルが不可視に!? »

チョコレートケーキ

050214_20010002
昨年作った「嘘つきザッハトルテ」の改良?版
チョコレートマフィン生地をケーキ型で焼き、2段に切り分けた断面にグランマルニエとグラッサージュをしみ込ませて合体。表面をグラッサージュでコートして、ナッツを飾れば完成!
でも、マフィン生地なもんで、てっぺんがぱっくりと割れてしまうのが玉にキズ。
今回は割れ目どころか泣き別れ(^^;;)せっせとグラッサージュを詰めてごまかしたけど。
バレンタインケーキとしてはやや不吉かも。
翌日あたりからパサつきはじめたので、もう少しお酒とグラッサージュをしみこませてもよかったかな。
(材料)
●マフィン生地
 薄力粉・・200g
 純ココア・・50g
 ベーキングパウダー・・小さじ2
 無塩バター・・100g
 上白糖・・130g
 卵・・2個
 牛乳・・120cc
●グラッサージュ
 板チョコ・・70g×2枚
 生クリーム・・180g
(上記分量だとかなり余るので1枚でもいいかも。あまった分は冷蔵庫で冷やし、やや固まったところをまるめてココアをまぶし、トリフっぽくして食べました)
(手順)
◎オーブンは180度に余熱しておく
◎グラッサージュを作る(チョコバナナタルトの項参照)
◎秤にボールをのせ、薄力粉を量ったらその上にココアを量りながら入れる。その上にベーキングパウダーを入れたら、泡立器で粉をしっかりまぜる。
◎無塩バターをステンレスの大きなボールに入れ、ボールの底をお湯で暖める。(ハンドミキサー使えばいいんだけど、後で洗うのが面倒(^^;;なんで、ポットのあまり湯とか蛇口のお湯を深皿にいれてなんちゃって湯せんでバターを柔らかくするという必殺技。我が家はオーブンレンジなんで、オーブン余熱するとレンジはつかえない。)やわらかくなったバターを泡立て器かへらでよく混ぜクリーム状にし、砂糖を加えてさらに練る(バターが柔らかくなったらもう湯せんは不要)。よく溶いておいた卵を大さじ1杯ぐらいづつ加え、バターによく混ぜ込む。
◎バターに粉をふるいながら3回にわけて入れていく。牛乳は2回に分けて入れる。
 粉→まぜる→牛乳→まぜる→粉→まぜる→牛乳→まぜる→粉→まぜるというかんじ。
 バターに入れた粉が粉っぽくなくなったら牛乳をいれてのばすイメージ。
◎あらかじめバターを塗ってうすく小麦粉をふるっておいた型にマフィン生地を入れ、40分程度焼く。
 竹串をさしてなにも付かなければ焼けてます。
◎触れるくらいにさめたら型からだし、2段に切り分ける。
◎断面にお酒とグラッサージュをしみこませ、もとの形にする。
◎表面にグラッサージュをかけてコーティングをしてしばらく放置。
◎再度コーティングをしてナッツを飾る。

|

« 『死より蒼く』フィオナ・マウンテン | Main | イラレ10のファイルが不可視に!? »

「お菓子」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16830/2928276

Listed below are links to weblogs that reference チョコレートケーキ:

« 『死より蒼く』フィオナ・マウンテン | Main | イラレ10のファイルが不可視に!? »