« September 2004 | Main | November 2004 »

パンプキンパイ

041029_20110001.jpg
ベースは先日のスイートポテトパイと同じ。
フィリングの作り方も同様、ただし、カボチャは甘みが弱いので砂糖は少々多めで。
カボチャ・・550gぐらい(種を取った状態で)
砂糖・・・・90g
牛乳・・・100ccぐらい
卵・・1個
バター・・50g

皮のままカボチャを蒸し、柔らかくなったら緑の部分を剥き、
剥いた部分は小さく刻んで余分に蒸しておいたカボチャとまぜ、
カボチャのサラダに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『SASサバイバル・マニュアル』

 すでに大地震のカウントダウンがされている首都圏在住の自分にとって、今回の地震は他人事ではない。明日は我が身なのだ。防災の準備なんてしてなかったので、慌てて昔買った本を引っ張り出した。
『SASサバイバル・マニュアル』バリー・デイヴィス/飯塚孝一訳 原書房
SAS(Special Air Service イギリス陸軍特殊戦用部隊)と書かれているように軍人向けなのだが、災害時にも役立つ知識などが満載されているので、防災袋に入れようと思う。
 ちなみに内容は、サバイバルキットの中身(一般の防災用とはかなり違うが参考にはなる)、応急措置の方法、水の確保、退避所、火の取り扱いなどいろいろ。

そういえば、昔なにかでイギリス人の探検家の荷物には紅茶が入っているというのを読んだことがある。何かあったら、まずティーで気持ちを落ち着かせようという事らしい。その信憑性はともかく、いいアイデアだと思う。と、いうことで、この本の他に紅茶のティーパックもいれることにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アップルタルト

041017_22190001.jpg
紅玉が安かったのでタルトを焼いてみた。
タルトのベースは先日のスイートポテトパイと同じリッチクラストペストリー。
小4個では少々フィリングが足りなかったかな?

(フィリングの材料)

紅玉(小)・・4個
砂糖・・・・・75g
バター・・・・大さじ1杯
クローブ・・・5〜6個

シナモンは相方があんまり好きじゃないので今回はナシで

作り方

タルトのベースはスイートポテトパイの時と同じ。
砂糖を量っておく。

《生地を休ませている間にすること》
リンゴの皮を剥いて芯をとり、8〜16割にする。

できた所から鍋に入れ、量っておいた砂糖をふりかけていく。
リンゴが全部切れて,砂糖も入れ終わったら、全体を混ぜ、バターを入れて鍋のふたをする。
《生地をのばして形に入れ、200℃に余熱したオーブンで10分間焼く(230℃で焼いたら硬すぎたのでスイートポテトの時と同じ温度の方がよさそう)》
生地をオーブンに入れたら、リンゴの鍋を火にかける。
(生地をのばして型に入れている間に、鍋の中のリンゴからは水分がでているので、そのまま火にかけても大丈夫)。
リンゴから出た水がなくなるまで煮る。
この間に生地が焼けるので、オーブンから取り出し、オーブンの温度を230℃にセットして余熱しておく。
空焼きした生地にリンゴを煮たのを入れて、230℃で30分焼いてできあがり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

洋書の落とし穴

キャロル・オコンネルのペーパーバックをAmazonで購入した。Dead FamousとThe Jury Must Die。
パラパラとめくってみてびっくり!!実はこの2冊は同じ話だったのだ。英国版はまったく違う題名だったのね。まとめて買ってしまっただけに凹み大。前の数作はタイトルが微妙に違うだけだったのに〜〜。
Dead Famous (米国版)=The Jury Must Die (英国版)041009_10190001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スイートポテトパイ

リッチクラストペストリー生地に、スイートポテト生地を入れて、焼いてみました。
でもこれって、よく考えればパイっていうかタルト。
なにはともあれ、フードプロセッサや裏ごし器のお世話にならなくてもできました。

リッチクラストペストリー生地
(材料)23cmパイ皿
薄力粉・・・・・200g
無塩バター・・・100g
卵・・・・・1個
塩・・・・・小さじ1/2
スイートポテト生地
(材料)
さつまいも・・・・・500g
砂糖・・・70g程度
卵・・・・・1個
バター・・・・・50g程度
牛乳・・・200cc程度

041004_14030001.jpg(作り方)
●パイ生地の準備
振るった小麦粉に塩と冷えたバターを入れ、カードまたはナイフで切るようにしてまぜる。大豆ぐらいの粒子になったら、解いた卵を入れ再びカードできるようにしてまぜる。パン粉のようになったら、手でボールに押し付けるようにしながらまとめる。塊になったらラップでくるんで冷蔵庫へ。
(生地を休ませている間にスイートポテトペーストをつくる。)
●スイートポテトペーストの準備
1.サツマイモを皮のまま柔らかく蒸しあげる。
(蒸してる間にパイ生地を用意して200℃のオーブンで10分焼く)
2.蒸したら皮を剥き、色のよくない部分などを取り除いて小さく刻んで小鍋へ入れる。
3.木杓子などでつぶし、牛乳を小分けにいれながらまぜていく。適当に牛乳が入って木杓子が動かせるようになったら弱火にかけ、バターと砂糖を少しづついれながら練る。
4.やわらかめのマッシュポテト状になったら火を止めて少し冷まし、解いた卵を加えてよく練る。(ポテトの温度が高すぎると卵が固まってしまうので要注意)卵がなじんだら空焼きしておいたパイ生地に入れる。
●焼き上げ
200℃のオーブンで35分焼き、さらに230℃で様子を見ながら数分間焼いてこんがりさせる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »